6月
06
2013

身長が伸びる?

身長が低いことが、コンプレックスになっている人にとって、

身長が高くなることを夢見ているはず。

それが、身長を高くする方法があるんです。

といっても、まずご紹介したいのは、姿勢。

背筋を伸ばして姿勢をよくするだけで、見た目の身長が上がります。

意外にこれだけで、いいんですよ。

あなたの姿勢はどうですか?

私たちの体は、曲がります。

背中や首も曲がることが可能です。

ですから、すべての筋肉をまっすぐ伸ばし、なおかつ地面に対して90度垂直に上に向いている姿勢が、慎重が一番高いことになります。

実際自分で気づかなくても、姿勢だけで身長が2-7センチは違ってくることがあります。

まずは、鏡の前で姿勢チェックから始めましょう。

猫背ではありませんか?

首と頭は、前をしっかり向いていますか?

前のめりに顔が向いていると、身長が低く見えます。

頭は、地面に対して垂直に上に向かう感じで立ちましょう。

まずは、姿勢チェックから始めましょう。

無料ですから。

 

身長を伸ばす3つの要素って?HGHデルタバランス

0
11月
07
2014

成長ホルモンを分泌させる

成長ホルモンと身長の関係には以前にも触れました。
成長ホルモンが出ないと、身長は伸びません。

実際家畜を身近期間で大きくするために、成長ホルモンが使用されているようです。
成長ホルモンは思春期の時期にたくさん分泌されますが、その後は減少していきます。

また、生活環境の影響も受けやすいので、やはり分泌されやすい環境が必要になってきます。
分泌を促進するものの一つは、睡眠です。
睡眠をしっかりとることができれば、成長ホルモンが分泌されやすくなります。

特に寝付いてからの2時間の間に出るのです。

寝付いてから深い眠りを維持することが必要です。
そうすることで、成長ホルモンの分泌が促されるのです。

お酒を飲んだり、夜更かしをしたりすることで、熟睡ができなくなります。
ですから、睡眠の質に注目した生活を送る必要があります。

コメントは受け付けていません。
10月
13
2014

身長と筋肉との関係

筋肉がある体質なのですが、身長が伸びにくいのでしょうか。

筋肉質は身長が伸びない、なんていわれることもあります。
しかし、実際は身長と筋肉質にそれほど関係はありません。

確かに、ウェイトリフティング等の選手で身長が低い人がいますよね。
そのようなひとたちは、筋肉トレーニングをしたので、身長が低いのではないでしょうか。

その通りです。
でも、異常な量のトレーニングを行っていますよね。
筋肉量にこだわって、異常な量のトレーニングをしている人は、身長の伸びに影響があるかもしれません。

一般人がそのような偏ったトレーニングを行うことはめったにありません。
ですから、筋肉質で身長が伸びないという心配はありません。

筋肉トレーニングしても、身長には影響がないでしょう。

偏った運動や、筋肉トレーニングは避けた方が良いのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。
9月
25
2014

鉄棒にぶら下がると伸びる?

鉄棒にぶら下がると、身長は伸びますか?

簡潔に申しますと、身長は伸びません。
残念ですが、一時的に高くなっても、すぐに戻ってしまいます。
これって、伸びたとは言いませんからね。

しかし、鉄棒にぶら下がって、背筋を伸ばすのはよいことです。
姿勢が悪いと、身長は下がります。

猫背だったりすると、確実に身長は縮みます。
猫背の人の背骨の間隔は非常に狭くなっています。

鉄棒にぶら下がると、自然とその間隔は広くなります。
間隔が広くなりますが、姿勢が悪いままだと、また背骨が元の間隔に戻ってしまいます。

この悪循環を断ち切るには姿勢を正すしかありません。
鉄棒にぶら下がって、背筋を伸ばす体操は、姿勢を正すストレッチともいえるので、意味のない運動ではありません。
やらないよりは、やった方が良いことといえそうです。
姿勢が治らないのは、私に原因?

コメントは受け付けていません。
9月
10
2014

身長を伸ばす朝食

身長を伸ばすためには、カルシウムが欠かせないという理解が一般的ですね。
もう一つ大切な成分があります。
それはタンパク質です。

カルシウムが骨を作りますが、タンパク質が軟骨を作り、それを固くしているのがカルシウムということを忘れてはいけません。
つまり、タンパク質を取らなければ、いくらカルシウムを取ったところで無意味なのです。

それで、カルシウムとタンパク質を意識した料理を食べるようにするのがポイントだそうです。
どんな料理が良いのでしょうか。

朝食からしっかりと食べるようにしましょう。
朝は、納豆、豆腐、魚、ご飯というような和食のメニューの方が身長を伸ばすのに効果があります。

朝牛乳とパンというよりも、魚も食べてカルシウムとタンパク質を意識したメニューにするのです。

考え方としては、お菓子などを食べるくらいなら、肉を食べる!と思っていた方が良いでしょう。
身長には遺伝ではなく、生活習慣が大きく影響を与えるとされています。
食事を改善し、身長を伸ばしましょう。

コメントは受け付けていません。